コンテンツ(バリュー評価)LP Google Ad

1.バリュー評価とは

コロナ渦でテレワークが進み、外部要因も大きく変化する中、既存の評価制度に不満を持つ従業員も多くはありませんでしょうか。そこで、バリュー評価という評価制度が注目されていいます。

バリュー評価とは従業員が企業の価値観を落とし込んだ行動規範(バリュー)を実践できているかを評価する制度です。

企業の価値観を理解したうえで、市場の急激な変化に合わせて自発的に行動できる従業員が今後欠かせません。

バリュー評価は複数人から評価を受ける多面評価でもあります。これにより、客観的で納得度の高い評価を受けることが可能になります。

2.バリュー評価の特徴

バリュー評価には、相対評価多面評価があります。

相対評価

企業の価値観のような定性的なものには、絶対的な基準を設け、評価を行うことは難しいです。そのため、チーム内や役職内での相対評価になります。

多面評価

バリュー評価は上司だけではなく、同僚や部下など複数人から評価を受ける多面評価です。1人からではなく複数人から評価を受けることで、客観的で納得度の高い評価を受けることができます。

3.注目されている背景

バリュー評価が注目されているのには2つの背景があります。

・企業選びの際に重視することの変化

働き方の多様化や世代による働くことへの考え方の変化から、働く企業の選ぶ際に重視することが変わっています。

若年層向けの就職支援事業を展開する株式会社ジェイックによる22卒学生に行った「会社選びで重視すること」のアンケート調査では、20.8%が「社風が合うこと」を選択し、最も重視する人が多い項目となっています。(参考:【22卒就活調査】会社選びで重視することは「社風が合うこと」

こういった結果を受け、企業の社風を決める行動規範などのバリューが、より重要視されるようになりました。

バリューを体現する人材の育成

労働人口の減少に伴い、企業の人材は不足しています。
また、VUCAの時代と言われ不確実性の高い市場となっています。
その中で企業が存続するためには、企業が重視するバリューを体現し、自発的に行動を起こせる人材が必要不可欠です。
このバリューを体現する人材を育成する手段として、バリュー評価に注目が集まっているのです。

4.他の評価との違い

バリュー評価と似ている評価に、コンピテンシー評価360度評価があります。この2つの評価との違いを解説します。

・コンピテンシー評価との違い

コンピテンシーとは「自社の高業績者に共通して見られる行動特性」のことです。。
仕事で結果を出す人は、学歴や頭脳だけでは説明できない共通の行動パターンがあることが明らかになったことで推進されました。

優れたパフォーマンスを発揮している人材に共通した行動パターンを整理し、評価制度に取り入れたものがコンピテンシー評価です。

バリュー評価との違いは…

————————-続きはこちらから————————-

後日、限定公開している記事のURLをお送りいたします。