目標管理LP(完成)

目標管理の課題

無難な目標設定

無難にこなせる目標になりがちです。
目標以外の業務や挑戦をすると、評価が下がる可能性があり、新たな行動に踏み出せません。

公正な評価が困難

ユーザーやエリアの動向といった、実力以外の要因に左右されてしまいます。
公正でなければ、従業員の不満に繋がります。

評価基準が属人的

上司によって基準が曖昧であったり、目標設定も多岐に渡るため、評価基準が揃いません。
全社的な観点でも整合性とることが困難です。

従業員の不満に繋がり、組織力の低下へ。

目標達成度も目標の高さや外部環境の変化によって変わります。すると、既存の評価制度に不満を持つ従業員は出てきます。

従業員は目標のみに意識が向き、挑戦的な行動を起こさなくなり、社風や組織の成長を自ら止めてしまいます。

これらの課題を一気通貫で解決

このような目標管理には様々な課題があります。

他の評価制度を取り入れたからといって全て解決するわけではありません。

弊社では日報を活用した評価システムを推奨しております。

\ 目標管理にお困りの方は必見 /

Mierunoによる新しい評価制度

組織を活性化する評価システム

Mierunoが提供する評価スタンプを使い、従業員同士がお互いに日報を評価し合います。
日々のスタンプによる日報評価で、現場に負担が少ない評価システムに。属人的な評価、短期記憶に頼る評価の課題を解決します。
定性的な行動も見える化され、目標数字以外の働きにも評価が可能

日報による継続的な定性評価

日報評価はそのまま集計して、人事評価として活用評価コストの削減
評価スタンプを事業部や支店ごとに集計、レポートとして出力が可能。
シンプルで運用しやすい評価制度の実現し、既存の実績評価との併用も可能です。

1.社員の主体性を
促進する

日報では目標以外の行動も可視化され、定量的な評価が可能です。
目標のみに囚われず、社員が挑戦する基盤を醸成します。

2.公正な評価制度
の仕組み

日報へのスタンプ評価により、中長期的な感覚に頼った評価がなくなります。
あらゆる人材に公正な評価を実現します。

3.多面的評価
に利用可能

従業員からのスタンプ評価は、そのまま多面的評価となります。
属人的な評価基準にならず、全社内で整合性をとることが可能です。

\ Mierunoに興味がある方はこちらから /

優秀な人材を育成し、

会社のエンジンに

知らず知らずのうちに出る杭が打たれる組織風土になっていませんでしょうか。
そのような組織では、優秀な人材が組織で活躍することができず、離職してしまいます。
Mierunoではそのような人材を発見するツールになり、日報の蓄積が組織改革につながります。

単なる日報や人事評価のサービスではございません。
会社を強くし、次のステージに導くシステムです。

Mierunoを導入してみて

支店感の横の連携と公正な人事評価を実現するために日報評価システムMierunoを開発・導入しました。

アンケートでは100%の社員がより成長できたと、回答してもらえて何よりでした。

全員が読む価値のある日報を投稿することで、情報量が増え、それが成長に良い効果を出せたようです。

今後グローバル化が進む中で、柔軟で臨機応変な行動のできるボトムアップ組織、アジャイル組織を実現していきます。

\ Mierunoで自発的な組織風土に改善しませんか /

Q&A

Q. 既存の評価システムと併用は可能でしょうか

A.はい、可能です。

Q. 導入までどのような流れになりますのでしょうか。

A.お客様の課題をヒアリング後、導入支援を行っております。1ヶ月以内にはスタートすることが可能です。

Q. 途中で解約する場合はどうなりますか?

A.当月までご利用が可能です。翌月からユーザーアカウントの利用が停止されます。

Q. 運用面でも継続的にサポートを依頼できますか?

A.はい、定期的にCS担当者がご連絡いたします。